えとじやブログ - ひねくれマーケッターのひとりごと

ひねくれマーケッターのひとりごと

P9231610間違いなく「今年の重大ニュース」みたいので、年末、また何度も見ることになるであろう例のパクリ?問題、そういえばあのニュースが華やかだった時期、職業柄(?)いろんな人に「あれはどうなんですか?」とか「さのけんってすごいんですか?」とか、聞かれましたね。

それにしても、なんともやりきれない、悲しい気持ちになる事件・事故でした。

あの件とその後の狂ったような騒動・悲劇そのものの是非とか、そういうのは私みたいのがここで論じたりしても仕方のないことですが、確かにマーケティングに携わる者としてちょっと学んだというか自省したことはあって、ちょっと書き留めておこうかな、と。

 

 

昔々、「士農工商代理店」という言い草がありました。 私世代~上の方々なら聞いたことあるかも。 このことばの自虐趣味的な品の無さはちょっと横に置いておくとして、代理店をマーケティングと読み替えてみると、ある意味とても示唆的というか、言いえて妙というか。

マーケティングって、やっぱりとっても身分の低い仕事なんですよね。

「商」として蔑まれた階級の、さらにもうちょっと下。 「商」の下支え、明らかに「裏の仕事」なんです。

あの騒動を見ていて、そう痛感しました。 (もちろん、誇りをもって仕事してますよ、私は。)

 

携わっている人たち(私自身を含む)の目的意識や矜持は別にして、ちょっと周りの声に耳を傾けてみると、

「またCMに騙されて」「広告に踊らされてはいけない」「入れ物だけが立派で中身はたいしたことない」「容器に金を払っているようなものだ」「デザイン(見た目)だけで値段を上げている」「中身は安いのに、広告費を払わされているようなもの」「タレントさんは広告ですごいお金をもらっているらしい」「どうしてこのDMが・メールが・ネット広告が・電話が私のところに来るの、どこから名簿を手に入れてるの、こわいわね」「口コミまでも操作しようとしてるのよね」「自分で考えずにお金を払って調査とかやって決めてるらしい、アイディア代は払わないくせに」、そして「そうして儲けた金で高級車を乗り回している(のは、バブル期の広告業界のひとのイメージ?)」などなどが聞こえてきます。

そういう認識がひとびとの心に存在する仕事であることは間違いないんだと思います。 ひとの弱みにつけこんだり、ひとをうまくだましたりする仕事なんだ、と。 そうだということではなく、そういう認識が存在していることを知っておくべき、ということですが。

 

だから、アーチストがやるべき「表」の仕事に、例えば、マーケティングの世界で成功したデザイナーが顔を出すのには、リスクがあったんだと思いますね、とっても残念ですが。 「なぁんだ、元HH堂のやつか」みたいな。 どれだけ実績と実力があって、成功者であったとしても、所詮それらは裏の稼業での話。 その身分のまま、その世界で話題になってる分には問題ないんでしょうが。

糸井重里氏は、知識人的な立場の露出も少なくないですが、でも、彼はそういう意味ではとても注意深く行動してらっしゃると思いますね。

ちょっと強引な論理のように思われるかもしれませんが、私個人としては、そう考えた、という話です。

 

そして、実はあれがいけなかったんじゃないか、と思うのが、記者会見での「完璧な論理構成のきっちりとしたプレゼン」。 あれは反感買っちゃいました。

当然ですが、マーケティングの世界はビジネスの世界です。 そこでは、デザイナーなどのクリエーターが、自分のアイディア・提案の意図や背景、どこがどう優れているか、展開例などを理路整然と語れることはとても大切な(憧れの)スキルです。 そして彼は、そこがとてもとても優れている。

しかし、あそこで、ビシビシっと、さわやかに、わかりやすく「芸術」を(しかも世の中的には「自画自賛」の)解説をしてのけてしまうと、その内容や論理がしっかりしていればいるほど、「何あいつ、偉そうに」となってしまうわけです。 まさにアイロニー。

自分の作品が悪意のパクリではないことを、立て板に水のさわやかな弁舌で証明してみせるほどに、やはり(頭で理解できたとしても)心情的には「いいわけ」として聞きたくなってしまう。

きっと、あそこは、説明は主催側に任せて、本人は「芸術は爆発だ」的なことだけを語るべきだったんだろうなぁ、と。 (あ、もちろん、「的な」ですよ、じゃないと岡本太郎先生のパクリになって、さらに炎上ですからね。)

 

もうひとつ、マーケティング(ビジネス)の世界の常識が呼んでしまった悲劇があるとすると、彼はアーチストとしての立場のはずなのに、活動全体の目的や意義、エンブレムが果たす役割と利点を、ビジネス的に論理的に語ってしまうことによって、聞き手に「すべてが私の考えであり、私の責任です」と言っているように見えてしまったこと、でしょうか。

これも、ビジネスにおけるクリエーターのプレゼンとしては満点の出来なんですよね。 クライアントのビジネスの状況や目標と自身のアイディアの持っている役割と意義を、明確に関連付けて説明できること、は、実は、常に求められていることでありながら難しいこと、なかなかうまくできないことでもあるわけです。 なので、彼の「プレゼン」は、多くのマーケター・クリエーターの目には、「おお、すごい(拍手)」な見事なプレゼンだった。

が、普通に見てると「何、こいつ、偉そうに。 全部自分がすごいって話なわけ?」に見えちゃうんですよねぇ。

ここもやはり、主催者側が説明すべきだったんでしょうね。 裏方が出しゃばる場面ではなかった。 (あそこは、大島渚的に「バカヤロー!」でよかったんですよ、例えば。)

 

だらだらとどうでもいいことを書いてしまっているような気がしてきたので、このあたりで。

この騒動全体としては、なんともやりきれない気持ちしかないのですが、私個人としては、マーケティングの世界の常識と世の中の常識の違いが生む悲劇をまざまざと見せつけられた事件だったし、自分は裏の仕事、世の中的にはちょっとあやしい仕事をしているひとなんだよ、と自戒を新たにしました、ということです。

 

お。

コメントはFacebookアカウントでも受付けています。

12233462_1083217045031529_575983665_nみなさんは「しゃんしゃん会議」に遭遇したことはありますか?

何度か偶然出くわした経験から、世の中には「しゃんしゃん会議」について二つの大きな誤解があるのではないか、いや、少なくとも私をはじめ、私の周囲の(元)外資文化育ちには、必ずやこの誤解が存在すると思ったので、それを書いてみたいと思います。


一つ目の誤解は、その定義、つまり、そもそも「しゃんしゃん会議」とは何なのかです。

つい最近まで私は「しゃんしゃんと終わる会議のこと」、つまり議事が滞りなく進む会議のことだと思っていまして、ほとんどの方の頭の中のイメージもそうではないかと。 

違うんです。 大きな誤解でした。

私が発見した「しゃんしゃん会議」は、議題を担当する担当者が、淡々と議題内容を報告し、他の会議参加者はそれを聞いて(または聞いてるつもり、も多い)会議が進行し、そしてその悠然とした空気の中で終わる会議でした。


ちなみに、過去に店主が書いていた「踊っている会議」とも違うのです。 「踊っている会議」は、担当者は必要最低限を報告し、会議中に発言があるのですが、しゃべっているのはほぼ100%偉い人のみ。 にも関わらず結局なにも決まらない会議。 偉い人がもったいぶって鍋奉行しているが、私たちは何鍋を作っているのか私たち自身も分からない闇鍋パーティーみたいなもの・・・。 (最近わかったことですが、「踊る会議」と「しゃんしゃん会議」は表裏一体、または根っこは一緒だったりするようで、その話は次回以降に詳しく。)


一方、「しゃんしゃん会議」は例えて言うなら、学校での課題発表の場を思い出してみてください。 学生が先生から与えられた、または(一応)自発的に選んだ課題について情報をまとめて、クラスのみんなの前で発表している様子。

そういう課題報告の結論は大体、

「以上です。」

「よく調べられましたね~、ご苦労様。」

というやり取りか、

もし課題が自分の生活に関係のある内容ならば、

「~~ということが分かったので、今度からがんばります。」

という意思表明で締めくくられますよね。

まさにこの一連の「授業課題報告」の様子が、会社の会議室でも繰り広げられるのが、私が発見した「しゃんしゃん会議」でした。


そう、そういう場では、「報告」、「発表(プレゼンではなく日本語の『はっぴょう』)、「頑張る」というのが頻出キーワードです。 これをあなたの職場でもよく耳にする場合は、あなたの会社も「しゃんしゃん会議多発地帯」の可能性がありますね。

会議室でゴルフのスイング練習をしている方を見つけた場合には、それは間違いなく、しゃんしゃん会議帝国の領域内です。 もちろん、居眠りも多発します。


さて、私がこれまで経験してきた会議では、会議が「報告」や「発表」で終わることはほぼ皆無でしたので、会議という場は、「議題内容について議論し、なにか意思決定を下し、次に実施すべき事項とその責任者を明確にする場」だと思っていました。

そのため人生で初めて「しゃんしゃん会議」に参加者(担当者の議題報告を聞く側)の立場で出席したとき、「会議をしゃんしゃんと終わらせてなるものか!」と、情熱的な職業人らしく、論点や疑問点を挙げて「活発な議論」を試みたのです。

それが私の二つ目の大きな誤解でした。


会議が「しゃんしゃん会議」になってしまうのは、担当者や会議参加者が、意識的に会議の席上での議論を避けようとしているからか、そもそも仕事へのモチベーションが低いからだと思っていました。

そのため私は、会議を「しゃんしゃん♪」とで終わらせないために、一生懸命、報告内容でん?と気になった点や、深く議論したい、と関心を持った点を指摘して、他の参加者の意見や担当者の考えを皆で共有し、次に何ができるかを明確にしようとしたのでした。

しかしその私の空回りした情熱は、会議の和やかな雰囲気に包まれて終わりました・・・。

「れ。さんがおっしゃたようなことは、報告のあとで起きたことで、それを実施した結果として出来上がった状態なのかもわかりませんねぇ~」みたいなことを笑顔で言われたような気がします。 


その時、気づかされたのです。

「会議がしゃんしゃん会議になるかならないかは、会議中の私たちのやる気や言動で決まるものではなく、会議が始まるも・・・・っと事前に決まっているのだ」と。

つまり、そもそもスタート時点で、議題となっている業務の、戦略や実施の意図、目的、責任範囲、担当領域の割り振りを、はっきり定めないまま業務を実施することによって、会議での議論ができなくなってしまうのです。 何を議論したとしても、それがなぜ重要な問題となるのか、どこが担当する内容なのか、それを今後対処すべきかどうなのかが、戦略や目的、それを実施する当初の意図、責任部署があやふやなままでは、結局何も「議論」できないし、何も決められません。

そのため会議は議題内容について報告にとどまり、参加者に求められる会議中の行動は、議論と意思決定ではなく「報告」を受けること、そして会議後に実施すべき事項について賛否や是非を問うのではなく、「引き続きがんばってくれたまえ」と言うこと、そしてシャンパンで乾杯して?お開き・・・。

会議が「しゃんしゃん会議」になるかならないかは、すでに、ず~~~っと前から運命づけられているので、私がどんなにその席上であがいても、もう遅かったのです。

以前、店主も、政府系大手通信会社の会議で、「しゃんしゃん会議」なのに議論してしまって、つまみ出されたことがあるそうです。 私の場合、つまみ出されなかっただけマシだったかも?!?


こうした経験のおかげで、今や私は会議を「しゃんしゃん♪」と終わらせるためにはどうしたらいいのか分かったため、今後の世渡りに活用できそうです(笑)。 

しゃんしゃん会議の作り方:

(1)事前準備はしっかりと。 業務の目的、戦略、それが必要となった背景や意図、ましてや成功か失敗かを決める基準なんて、決して事前に明確にしない。

(2)業務遂行中も大事。 責任部署と役割の割り振りは、あいまいなまま進めましょう。

(3)会議用スライドには「ディスカッションポイント」なんて、40度以上の高熱で頭がおかしくなったとしても、入れない。


これだけで、あっという間に出来上がりです。

居眠りなんて序の口、シャンパンのつまみにゴルフの話題が出来たら完璧でしょう。

外資育ちは空気が読めないなんて、もう言われませんように。。。


れ。

 

関連記事

踊ってばかりじゃ会議にならない。 http://blog.etojiya.com/archives/3291954.html

プレゼンは口語で。 http://blog.etojiya.com/archives/3663304.html

コメントはFacebookアカウントでも受付けています。

    ブログ新着情報を facebook twitter で受け取る
  • えとじや店主

    えとじや店主。マーケティング一筋28年。世の中の様々な問題を「ブランド・マーケティング」で解決する腕利きコンサルになるのが夢。なかなか、そうはいきませんが。 ともかく、マーケティングに関わることはなんでも相談に乗ります。スノーボードと音楽が趣味ですが、「うんちく」と「説教」も大好きです。

  • えとじや番頭

    えとじや番頭。消費者リサーチ歴15年。市場や消費者を理解することで、ブランドが強くなり商品が売れる、という経験を何度も味わってきました。 調査をどうやったらいいのかわからない、結果を見てもどう使っていいかわからない、そんなときにはぜひご相談ください。

  • えとじや店員

    えとじや店員。兼フードコーディネーター・レシパー。兼マーケティングができる中小企業診断士。どんなことでもたいていやっているうちに面白味を見つけてしまい、ハマるタイプです。 リサーチ、マーケティング、料理など、それを繰り返して今に至ります。今度はえとじやでどんな面白いことが経験できるのか、わくわくしています。

  • えとじやお針子

    えとじや店員。お抱え絵師(デザイナー)。パッケージデザイナーとしてメーカーで約7年働きました。マーケティングやリサーチはまだまだ初心者。デザインの力を使ってみんながニコニコできるようなものを作れたら嬉しいです。アニメ、漫画、手芸、落書き、クレイアニメーション…、ちまちま何かを作るのが好きですが、大雑把で不器用…。細やかさを欲しています。

  • えとじやお針子

    えとじやお針子(ライター)。マーケターを5年したあと、マーケティング博士号取得、その後、リテールサービス企業のマーケ部長に。なんと、えとじやクライアント&えとじやブログのライター。 理屈も現実もそのはざまも経験、マーケティングの仕事ってなんなの?どうしたらいいの?という悩みにはいちばん共感できる立場かも。

Facebook えとじや
記事検索
Twitter えとじや
  • ライブドアブログ