えとじやブログ - ひねくれマーケッターのひとりごと

ひねくれマーケッターのひとりごと

(弊社デザイナー、凪。の、初めてのブログ記事です!

なんだか、ひとつ前のお手紙に対する「お返事」みたいな記事ではありますが、ブランド作りの基礎的な部分に関する重要な気づきやポイントが隠れていると思います。

ご笑読くださいませ。

 

お。)

 

~~~~~~

 

こんにちは、凪。です。

 

私はデザイナーですので、いわゆる「マーケター」としての経験はなく(デザイナーも広い意味ではマーケターですが)、ここで、ためになる記事を書けなさそうですので、これまでのブログ記事やお仕事の感想などを書いてみたいと思います。

何か少しでも、違う立場からの視点を感じていただけたら幸いです。

 

 

1年ほど前、私がえとじやに入社して、はじめて深く関わったお仕事についての話です。

ひとつ前に、レポート:「歩くことが目的になってしまっていたとき、地図をくれました」という記事があがっていましたが、そのお仕事に関してのお話し、というか、感想というか。

 

仕事は、神戸のプリザーブドフラワー店の店主、OKDさんからのご依頼でした。

最初はギフト用のラッピングを依頼したい、とだけお聞きして、お店にお邪魔したこともなかったので、まずは、ホームページを見て。

なんかナチュラル系のテイストがお好みなのかな~?

なんて、なんとなくイメージしていました。

(なんと適当な…)

 

いよいよ、実際にお店をたずねてみると・・・、

よく見ていないと見逃してしまいそうな小さくて急な階段を上がり、

静かな通路にガラス窓つきの扉があって、

中が少しだけ見えますが、正直、気軽には入りにくい外観です。

なんか、秘密のお店というか、空間に入り込むみたいで、

(ここで心が折れているお客様もいらっしゃるかもしれません。 少なくとも、ちょっとドキドキしますね、扉を開けるのに)。

店内には、たくさんの商品だけでなく、加工前のお花はもちろんのこと、ガラスの器などの資材が積み上がっており、

まるで魔法の材料が並んでいるような雰囲気です。

OKDさんに、お話を聞いてみると、プロポーズなどのプレゼント用のお花を求めてくるお客さんが多く、

そんなお客さんにOKDさんは、ひとりひとりのエピソードや好みを聞いて商品をつくり、さらには、しばしば商品以外の、プロポーズとかの相談にものっているそうです。

 

なんか、シチュエーションばっちり!

OKDさんの魔女みたいなキャラも最高!

と、デザイナーゴコロが刺激されまくります。

ホームページなんかをみて、私みたいに「普通のプリザーブドフラワー屋さんだろうな」と思っている人がいたら、あまりにもったいない。

このお店の空気がそのまま伝われば、もっともっと素敵になるやん!

mangar

とは思ったものの、じゃあ何から始めればいいのか?

ラッピングを変えるだけで実現できるのか?

と、何をしていいかわからなくなってしまいました。

 

店主お。いわく、「お客さんは何を買いにきているのか考えてみよう」。

お。に導いてもらい、お客さんはお花そのものを買いにきているというよりは、

プロポーズ請負人(OKDさん)のお墨付きをもらいに来ているのではないかと思い当たりました。

 

妄想が広がります。(ポワ〜〜ン)

 

求める者だけが見つけられる、細い階段…

そこを上がると現れる秘密の小部屋には、

植物の魔力を操る魔女が待っている、

魔女は求める者の声を聴き、願いをかなえる花を作り出す。

 

そんな不思議で変わっていて、でも信頼できるお店の印象を伝えたく、ラッピングだけでなく、ロゴやホームページに関しても変えることをご提案しました。

途中から、私の師匠であるパートナーのデザイナーさんに入っていただいて、いろいろと仕上げていきましたが、どれも、最初の私の妄想にぴったりの素敵なデザインになりました。

 

OKDさんからのお手紙(レポート)では、「山道を歩くためのポールを依頼したら、リュックの中身を整理して地図を作ってくれて歩きやすくなった」と、山歩きに例えていらっしゃいました。

ブランドの方向みたいのをはっきりさせていただいたことで、OKDさんが今後も、「この道、この道具、この・・・」と選びやすくなったのではないかと思います。

(自画自賛ですみません。)

私にとっては、ひとつのお店とじっくりお話して、一緒に荷物をたたみなおし地図を作っていく、貴重な体験でした。

たくさん学びのある、楽しいお仕事に関わらせてもらえて感謝しています。

OKDさん、ありがとうございました。

 

凪。

 

~~~~~

 

(ブランド戦略、ブランディング、には、ここで書かれている「雰囲気」というのをきちんと決めていくという、とても大切な作業があります。 それは、ベネフィットなどと同じ、エクイティにおける戦略的な構成要素で、ときにブランドキャラクター・人格と呼ばれたり、(先般の対談で議論した)大義の一部だったり、また、デザインテーマという要素としてまとめられることもあります。

ブランドマーケティングとは、マインド=理屈とハート=感情とセンス=感覚(とソウル=大義?)を戦略的に構成していくものなんですが、ここに書かれている「体験」は、それら、センスとハート・マインド、もしかするとソウルまでもをつないでいく、世の中ではなんとなく「デザイン」という名で呼ばれることの多いものに関する大切な作業なのだと思っています。

具体的には、メタファーという手法を用いて、ブランドの各要素をまとめあげていく作業ですが、このあたりのことは、また後日、詳しく議論していきますね。

 

お。)


コメントはFacebookアカウントでも受付けています。

えとじやには、時々、とても小規模の事業をされている方がご相談にいらっしゃいます。

やさしい私たちは、そんな方にもしっかりと対応いたしますので、よく「先生、足りない分はこれでなんとか・・・」と、季節の農作物や、心のこもったお手紙をいただいたりします。

今日は、そんな方からいただいた「えとじやさんって、すごいのよ」というお手紙(レポート)を紹介させていただきます。

ひとつ前の記事に書いた「いったんしゃがんでブランドの戦略と施策をていねいに考える・作る」にも関連している気もします。

 

お。

 

~~~~~~~

 

私のお店は、とても見つけにくい場所にあって、ほとんどの方がインターネット経由で知り、スマホで地図を見ながら来店される、プリザーブドフラワー専門店です。

生花店やブライダル装飾、教室で講師などの仕事を10年ほど経験したあと、2009年にプリザーブドフラワーのネットショップを開設。 そのあと教室、店舗の順に開いて今にいたります。

 

プレゼントの花を探しにいらっしゃる方が多く、わざわざ、検索して時間をかけて遠方から来店される方が少なくありません。

うれしいことです。IMG_0805r

でも、そんな方がせっかく選ばれたお花なのに、最後にラッピングするとかわいくない。

ラッピングと言っても、今まで勤めていたお花屋さんのラッピング方法+αくらいなので、可もなく不可もなく、というレベルでした。

「プレゼントしたら喜んでくれたよ」と知らせてくれる方もたくさんいらっしゃるんですが、やがて(このラッピング、私ならうれしくないかも)と感じはじめ・・・。

もっと他に、“プレゼントする~プレゼントされる”気持ちを引き立てる方法がないものかと・・・。

プロポーズのために、と、悩みに悩んで決めて、ここぞという瞬間にプレゼントされる方も多いんです。 だからこそ、なんとかしてあげたいと思い、自分なりにギフト展開しているお店巡りや本や資料を読んでみたりしましたが、いい方法が見つけられません。

 

花たちは、みな、形も大きさもバラバラだし繊細なので、余計に難しい。

どうしたらよいものかと半年ほど考えましたが、私の知恵と知識じゃ無理なことがわかり・・・。

 

実は、前々から、「いつか、何か、えとじやさんにお願いできたらうれしいな」と夢のひとつとして思っていたこともあって、「ラッピングの相談にのってください」と扉をノックしました。

 

ギフト用のラッピングのご相談。

 

なのに、数も方向性もまったく出していなかったので、まずは数の出し方から教えていただくことになりました。

アドバイスいただきながら数字と時間の整理。

どれだけ仕入れて、何をどれだけ販売して、どれくらい利益があって、私が何にどのくらい時間をつかっていて・・・、と知っておかないといけないことを把握していなかったので、まずはそこからチェック。

 

特に時間に関しては、本当に休みがない状態だったので教えていただけてよかったです。

起業した時から、少し「追われてる感じ」を味わいたかったのもあったんですけど。

どんどん年齢を重ねていくと体力がもたなくなるし、次のこと・先のことを考えることもできなくなるし。

いいことないですもんね。

 

ラッピングも、どんな人が、どんな時に、誰に渡すプレゼントなのか。 そのとき、何が大切で、渡された人にどんな気持ちになってほしいのか。

みんなで一緒にそのシチュエーションを思い浮かべながら、じっくり考えました。

そして、ラッピングだけでなく、仕事内容の整理や優先順位付けとか、お店そのものの内装やネットで紹介する写真の雰囲気や撮り方・見せ方まで話はおよび。IMG_0372_sr


 

今回、お世話になった私のイメージ(山歩きの趣味はないんですが)。

 

ひたすらひとりで山道を歩いてきて、突然、手に持っていたポールがなんだか体にあっていないと気づく。

前々から入りたいと思っていたお店(えとじやさん)に、「新しいポールが欲しいんです」と相談したものの、どこをどれくらい歩くための、どんな商品がほしいのかわかっていないから、一から相談にのってもらうことになる。

 

そうしたら「その前にあなた、リュックに穴があいて、中ぐちゃぐちゃでしょ。 そのままじゃ歩きにくいから、整理方法アドバイスするから整理しませんか?」と提案してもらい、整理することになる。

地図もなくしていたから、ぼんやりした記憶から目的地をさがしだして、見やすい地図と一緒に地図の読みかたまで教えてもらう。

 

リュックの中身が整理できて身軽になって、

目的地がわかり地図まで用意してもらえたから歩きやすくなる、

ポールは「ただいまお仕立て中」で、できあがるのをわくわくしながら待っている、

 

こんな感じです。

 

他のお店を訪ねていたらポールだけをおすすめされるがまま新調することになって、地図のないまま、ぐちゃぐちゃの中身のリュックを背負ってまた歩くことになっていたかもしれない。

 

今思うと、歩く(作業をもくもくとこなす)ことが目的になっていたのかなと。

 

ラッピングもえとじやさんにお願いせず、私が直接デザインされる方に依頼していたら、きっと、うまく伝えられずに「????」のオンパレードで先へ進まなかったと思います。

 

理解してくれる人たちに相談できるって大切ですね。

 

ざっくりした状態で相談したのに、とてもやさしく丁寧にわかりやすく教えていただいてありがとうございました。

毎回、打ち合わせのたび、知らないことを知れたり、思いつかなかったことを提案してもらえたり、いろいろ新鮮で楽しいし、お話しをきちんと聞いてくださるのも安心感があってうれしいです。

盛りだくさん。

勉強させていただいています。

 

これからも、よろしくお願いします。

 

~~~~~

 

いやぁ、やっぱりえとじやさん、すごいですね~。

は、冗談として、この案件は、弊社が誇る「マーケティングもできる中小企業診断士」和。と、パートナーのデザイナーさん+弊社デザイナー凪。の仕事でした。

規模の小さい件ですが、やること自体は大きな企業・ブランドと変わらないばかりか、シンプルな分、課題や特徴、さらには結果が見えやすく、私たちにとっても、いろいろと学びの多い仕事。

和。の「診断士的考察」シリーズの元ネタでもあります。

「あ~、そうだよね、基本は同じだよね。」

彼女のたとえ話をお借りすると、ポールを頼まれる=HOW・施策の開発の依頼、リュックの中身を調べ=ビジネス分析、リュックの中身を整理=事業内容・リソースの使い方を整理し、売り上げ・収益の仕組みを整える、目的地を確認=目指すゴールを明確にし、地図を渡す・読み方を教える=ブランド戦略を明確化する、ということでしょうか。

よかったら、こちらのシリーズもどうぞ:

 

Ø  売れている理由を知ること ~診断士的考察①

Ø  自分の時間は会社のリソース ~診断士的考察②

Ø  自分がいなくても回るビジネス ~診断士的考察③

 

それにしても、弊社、「ポールを頼まれているのに、リュックを整理して、地図を作る」くせがあるのかも・・・。

 

お。

コメントはFacebookアカウントでも受付けています。

    ブログ新着情報を facebook twitter で受け取る
  • えとじや店主

    えとじや店主。マーケティング一筋28年。世の中の様々な問題を「ブランド・マーケティング」で解決する腕利きコンサルになるのが夢。なかなか、そうはいきませんが。 ともかく、マーケティングに関わることはなんでも相談に乗ります。スノーボードと音楽が趣味ですが、「うんちく」と「説教」も大好きです。

  • えとじや番頭

    えとじや番頭。消費者リサーチ歴15年。市場や消費者を理解することで、ブランドが強くなり商品が売れる、という経験を何度も味わってきました。 調査をどうやったらいいのかわからない、結果を見てもどう使っていいかわからない、そんなときにはぜひご相談ください。

  • えとじや店員

    えとじや店員。兼フードコーディネーター・レシパー。兼マーケティングができる中小企業診断士。どんなことでもたいていやっているうちに面白味を見つけてしまい、ハマるタイプです。 リサーチ、マーケティング、料理など、それを繰り返して今に至ります。今度はえとじやでどんな面白いことが経験できるのか、わくわくしています。

  • えとじやお針子

    えとじや店員。お抱え絵師(デザイナー)。パッケージデザイナーとしてメーカーで約7年働きました。マーケティングやリサーチはまだまだ初心者。デザインの力を使ってみんながニコニコできるようなものを作れたら嬉しいです。アニメ、漫画、手芸、落書き、クレイアニメーション…、ちまちま何かを作るのが好きですが、大雑把で不器用…。細やかさを欲しています。

  • えとじやお針子

    えとじやお針子(ライター)。マーケターを5年したあと、マーケティング博士号取得、その後、リテールサービス企業のマーケ部長に。なんと、えとじやクライアント&えとじやブログのライター。 理屈も現実もそのはざまも経験、マーケティングの仕事ってなんなの?どうしたらいいの?という悩みにはいちばん共感できる立場かも。

Facebook えとじや
記事検索
Twitter えとじや
  • ライブドアブログ