えとじやブログ - ひねくれマーケッターのひとりごと

ひねくれマーケッターのひとりごと

シリーズ記事のくせにつづきが10カ月ぶりって・・・すいません。

間が空きすぎていて、何それ?だと思いますが、10カ月前に「センスを良くするにはどうしたらいいのか」について、練習方法として、ともかく考える前に「好き・嫌い」を決める練習をしましょう、という記事を書きました。(こちらの記事です。

まず、それが一番大事な「千本ノック」です。

 

で、それができた、たくさんやったという前提で、次に何をするのか、に、進みます。

難しいことを言い始めると、終わらなくなるので、その「極意」とでもいうべきものに絞って書きますね。

 

それは、「幽体離脱をしてください」ということです。

幽体離脱をして、自分自身を見るようにしてください、ということ。

 

デザインとか広告の評価(特に完成前・制作前のもの)って、とても難しいんです。

マーケティングの仕事の現場では、評価する側が、その道(美術・デザイン・造形・映像・撮影など)のプロではないことがほとんどなので、なおさらです。 かくいう私も、美術の素養は全くござりませんし。

 

例えば、あなたの目の前のパッケージや広告、どれでもいいので、ひとつ選んで、3つ以上文句をつけてください、とお願いすれば、おそらく軽く3つ以上出ると思います。 それがたとえ自分が好きなモノや気に入っているモノであっても。

字が小さい、色がくすんでいる、手触りが良くない、余分な模様や形がある、タレントがかわいくない、音楽がうるさい、変なところで邪魔なスーパーが入る・・・・。

つまり、そういう目で見て「分析」それば、欠点を見つけたり、改善点を探し出したり、けなすのは簡単なんです。

しかし、それらを「直す」と、とても素敵なものになりますか?

これが、ならないんですよ・・・・。

 

つまり何が言いたいかというと、対象となるデザインや広告を、直接分析の対象にしてはいけない、ということです。

分析というのは、「理屈」の仕事で、それは、センス(感覚)→感情の次、最後に来る働きで、センスから最も遠いところにあるもの。

それを磨いても、センスを磨くことにはつながらないんです。

 

そこで、おススメなのが「幽体離脱してあなた自身を見る」ことです。

 幽体離脱図

「えとじや紳士服」の広告が、その写真やそもそも素材として使われている洋服やメガネが、フォントや音楽が、いかに古臭いかを分析するのではなく、「えとじや紳士服」の広告を見て、「あ、なんだがステキだなぁ、かっこいいなぁ」と感じているあなた自身を分析するのです。

(つまりこの「構造」(図)では、誰も広告そのものを分析していない、ということです。)

・私はなぜこの広告を好きだと感じているのだろう?

・なぜ、かっこいいなぁと思ってしまっているのだろう?

・それは、この人の好みや人生・生活に根ざすものなのだろうか?

・洋服や生活スタイル、生き方のスタイルに近いのだろうか、それとも遠いのだろうか?

・何か関連するもの・無関係に思えるものを連想・妄想しているのだろうか?

・広告を構成する諸要素のうち、何が私を動かしているのか?

・それは、ストーリーなのか、伝えられている内容なのか、

・もしかしたら、音や音楽や文字、色や風合いだったりするんだろうか、

・それらの組み合わせが何かを形作っていて、それに反応しているんじゃないだろうか?

などなど、を、幽体離脱したあなたが、ぼんやり「センスだけで」反応している本来のあなたを観察~分析するわけです。

 

この作業を、自主練1で見つけてきた、「好き・いいね」と感じたものたちに、そう感じている「あなた」を幽体離脱して観察する、「嫌いだ・やだなぁ・つまんないな」と感じたものたちを見ている「あなた」を分析する、という具合に繰り返していきます。

 

そうすると、あなたは、あなたのセンスを見通せるようになってきます。

つまり、あなたの感覚や感情に対して、素直に対応できるようになる、それを語ることに躊躇しなくなる、それを他人にわかるように説明できるようになるわけです。

やればやるほど、です。

 

もし、あなたが担当している商品やサービスが、あなたをターゲットとしたものでない場合(私のような50過ぎのおっさんが、若い女性向けの化粧品を担当する、みたいな)、十分に上の作業に慣れてからですが、自主練1の対象物を、担当商品・サービスのターゲットが見るもの・使うものにしていけばいいんです。

そして、あなたが好き、で、ターゲットも好きなもの、に、あなたはどう反応しているのか?

あなたは嫌いだけど、ターゲットが好きなものには?

あなたが好きで、ターゲットに受けないものについては?

この練習を繰り返すうちに、あなたに「ターゲット」が憑依してきます。

大丈夫です。 年齢や性別や人種や収入や家庭環境が違っていても、同じ人間ですから。

 

なんだか、面倒かつ時間のかかる作業ですね。

しかし、あきらめてください。 仕方ありません。 最初に申し上げたように、たくさん実戦で打席に立つか、たくさん練習するしか方法はないので。 (「センスが無い」と言われているひとほど、そうです・・・。)

んが、やれば必ず良くなりますので、そこはご心配なく。

 

そして、やがてあなたは、

「これさ、ここの文字、小さくて読めないよ、大きくしておいてね」

などというセンスのかけらもないコメントで苦笑・失笑されることが少なくなり、かわりに、

「文字を読んでももらう前に、まず感動させないと話にならないでしょ。 読みたくなったら読める大きさでいい、もっと読みたくなるようにしてほしい」

って言えるようになるわけです。

 

たぶん。

 

お。

コメントはFacebookアカウントでも受付けています。

中小零細企業をお手伝いしながら気が付いたことをつぶやいていく「診断士的考察」シリーズの2回目です。

マーケティングの難しい理論・理屈は抜きにして、コンサルティングを通して、“あれ?”っと思ったことや“なるほど”と感じたことを深堀りしています。 

社内プロジェクトなどにも当てはまることですので、中小企業や個人事業主さんだけでなく、大きな会社勤めの方にも読んでいただけたらと思います。

 

前回は、「売れている理由を知ること」は売れない理由を知ることと同じくらい大事、というお話でした(売れている理由を知ること ~診断士的考察① 参照)。  

今回は、「自分の時間は会社のリソース(資産)」というテーマで書いてみたいと思います。

 

 

最近、個人で商品を制作・販売している方の相談を受けているのですが、そこで感じたこと。 

それは、“自分が頑張ればなんとかなる”というのが身にしみついて、無理をするのが当たり前になっているなぁ・・・ということです。 そして、おそらく、こういう経営者さんは多いのではないか、ということです。

帰る時間が遅くなったり、一日中仕事のことばかり考えていたりと、個人のワークアンドライフバランスが健全ではないのはもちろんですが、ビジネスにとってもよい状態とは言えない。

なぜなら、いずれそのやり方には限界が来るからです。 (もしかすると、そのやり方にはとっくに限界がきてしまっているのかも知れません。)

 

個人事業や中小企業の場合、ビジネスが軌道に乗るまでは、決まった給料を設定せずにやっておられる経営者さんも多いと思います。

“自分の会社なんだから自分が何とかしないと!”、“自分のことは二の次、会社の成功のため・社員のために頑張らないと!”と、(もしくは、ビジネスがうまくいくのが楽しくて、“もっといいものをもっとたくさん提供したい!”という気持ちがそうさせるのかもしれませんが)、会社と個人の線引き・取引があいまいになりがち。

 

だからでしょう、「自分の時間に対しての労働生産性」という感覚が薄い気がします。

 

 

スイレン趣味でやっている分にはよいのですが、事業を持続可能にするという意味では、「自分の時間は会社のリソース」という意識は大事なのではないかと思います。

経営者自身は会社の(おそらく最も大事な)資産のひとつだということです。 

100万円の予算でいくらの利益が出せるか、社員を一人雇うことでどれだけの利益が上がるか、というのと同じように、自分の時間を1時間使うことが利益にどれだけ寄与するか、という風に考えられるかということです。

他の資産と同じように自分の時間も、上手に使わなければ利益に結びつかないし、工夫しなければいつか成長が頭打ちしてしまいます。

 

いったん「自分の時間は会社の資産である」と思い始めると、行動が変わります。

生産性を上げる工夫せざるをえなくなる。 特に経営者なら、いかに時間をかけないか・同じ時間で利益を上げるか、と考え始めるでしょう。

材料費や光熱費などは、工夫して1円でも抑えようと努力しているのに、自分の時間の生産性を考えないのは、利益を考えずに高い材料を使っているようなものなので。

しかも、時間は平等に有限。 是非、選択と集中で大事に使ってほしいと思います。

 

 

個人経営者を例にとってお話してきましたが、似たような考え方が生産性の弊害になっている事例はどこにでもあるのではないでしょうか。

たとえば、「自分が頑張ればなんとかなる」と言って、周りに助けを求めないプロジェクトリーダー。 チーム全体の生産性を考えると決して良いとはいえません。

もしくは、だらだらと残業するのが習慣化している人。 自分の時間は自分のものだと思っているのかもしれませんね。 少なくとも勤務時間は会社のもので、生産性を高める努力も仕事のうちと思えば、そうそう残業はできないハズ。

残業続きで疲れてしまって、自分の能力がしっかり発揮できない状態になっているとすれば、それはすでに「会社の資産を無駄遣いしている」ことに他なりません。 

 

今回のクライアントさんにも、ビジネスを伸ばす策を考える前に、まずは経営者ご自身の生産性を検証することをおススメしました(そうしないと、さらに売り上げが上がったときに問題が起きそうだったので)。

はじめに手を付けたのが、何にどのくらいの時間を使っているかを客観的に見てみること。 

次に、制作している商品ごとに、1時間あたりに生み出す利益を計算して、費やす時間と販売価格やサービス内容などが見合っているのかを見直してみました。

商品の価格表に、材料費などの原価、それに加えて、そこに費やしている(自分自身の)時間を加えて、みかけの粗利や利益率だけではなく、生産性の指標を入れて、全体を見渡す。

これから売り上げが上がりそうなもの、上げるべきものが上がっていったときに、自分の首を絞めてしまっていないかも見えてきます。

とりあえず売り上げが上がるから、上げたいから、の「とりあえず」を「今見直す」作業です。

 

簡単なワークシートでざっくりと見てみただけですが、結果はとても興味深いものでした。

こういう視点は初めてだったので、クライアントさんにとってもいろいろな気づきがあったようです。

その結果、商品ラインナップや値段を見直したり、制作の方法を工夫したり、外注を考えたりと、生産性アップを図っています。

そしてなによりも、「もっとがんばる」ではなく、経営者にとって一番大切な「考える時間」を確保できたのが、良かったのではないかと思っています。

(もう少し具体的に話せるとよいのですが・・・。 それはまた、いつかの機会に。)

 

 

今回は、「自分の時間は会社のリソース(資産)」というテーマで話を進めてきました。 

本来は、最初からそういう意識で、生産性を考慮に入れつつ商品開発や値段設定ができればベストなのですが、遅すぎるということはありません。

気になった方は、一度見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

最後に。

もちろん、ビジネスは生産性の指標だけでは片づけられません。

“生産性だけ”を追求すると、他のお店と代わり映えしないつまらないお店やブランドになってしまいかねません。 生産性と同じくらい、お客様から見て魅力的であるか、お店の特徴(ブランド)をちゃんと体現できているか、さらに、経営者がそのビジネスをしていて(制作や販売していて)楽しいか、というモチベーションも大切です。

楽しく仕事をすること、ぜひお忘れなく。

 

和。

コメントはFacebookアカウントでも受付けています。

    ブログ新着情報を facebook twitter で受け取る
  • えとじや店主

    えとじや店主。マーケティング一筋28年。世の中の様々な問題を「ブランド・マーケティング」で解決する腕利きコンサルになるのが夢。なかなか、そうはいきませんが。 ともかく、マーケティングに関わることはなんでも相談に乗ります。スノーボードと音楽が趣味ですが、「うんちく」と「説教」も大好きです。

  • えとじや番頭

    えとじや番頭。消費者リサーチ歴15年。市場や消費者を理解することで、ブランドが強くなり商品が売れる、という経験を何度も味わってきました。 調査をどうやったらいいのかわからない、結果を見てもどう使っていいかわからない、そんなときにはぜひご相談ください。

  • えとじや店員

    えとじや店員。兼フードコーディネーター・レシパー。兼マーケティングができる中小企業診断士。どんなことでもたいていやっているうちに面白味を見つけてしまい、ハマるタイプです。 リサーチ、マーケティング、料理など、それを繰り返して今に至ります。今度はえとじやでどんな面白いことが経験できるのか、わくわくしています。

  • えとじやお針子

    えとじや店員。お抱え絵師(デザイナー)。パッケージデザイナーとしてメーカーで約7年働きました。マーケティングやリサーチはまだまだ初心者。デザインの力を使ってみんながニコニコできるようなものを作れたら嬉しいです。アニメ、漫画、手芸、落書き、クレイアニメーション…、ちまちま何かを作るのが好きですが、大雑把で不器用…。細やかさを欲しています。

  • えとじやお針子

    えとじやお針子(ライター)。マーケターを5年したあと、マーケティング博士号取得、その後、リテールサービス企業のマーケ部長に。なんと、えとじやクライアント&えとじやブログのライター。 理屈も現実もそのはざまも経験、マーケティングの仕事ってなんなの?どうしたらいいの?という悩みにはいちばん共感できる立場かも。

Facebook えとじや
記事検索
Twitter えとじや
  • ライブドアブログ